京都府、特に京都市は日本を代表する一大観光地です。
2016年に京都市を訪れた観光客は国内外を合わせて約5,522万人となり、これほど多くの観光客が押し寄せるエリアは国内でも東京以外にありません。

多くの観光客が訪れる京都には規模の大きな歓楽街があり、とくに有名なのは祇園、木屋町、河原町。
これらエリアはキャバクラの一大激戦区で、多くのキャバクラがオープンする一方閉店するお店も多く、生き残っていくのは並大抵の事ではありません。

だからこそ、長年祇園や木屋町で営業を続けている老舗キャバクラは経営が安定しており、キャバ嬢に対する待遇ノウハウを知っているので長く勤務出来るのです。
有名店も評判を落としたくないため、ぼったくりや客引きなどの違法行為は行いません。

このページでは京都キャバクラの求人傾向などをまとめていますので参考にしてください。

京都のキャバクラの特徴

すでに説明した通り、京都には毎日大勢の観光客が押し寄せています。
観光客の中には「京都の夜を目いっぱい楽しみたい」とキャバクラに足を運ぶ方もいます。
特に外国人にとって「キャバクラ」は日本独自の珍しい文化。
キャバクラを経験してみたいという好奇心から来店する外国人もたくさんいます。

主に観光客相手のキャバクラは、「日本の美」「京都の趣」などをテーマにした品のある内装や店構えでお客様をお迎えしています。
京町屋を一棟丸ごとリノベーションした和風キャバクラもある程です。

観光客が押し掛けるキャバクラは格式が高く、内装にもかなりのお金をかけています。
勤務するキャバ嬢のレベルも高いので、有名企業の重役や政財界の重鎮、有名人も安心して京都の夜を楽しめるのですね。

超高級キャバクラと対極にあるのが、地元密着型キャバクラです。
内装や店構えにそれ程豪華さはありませんが、セット料金が1時間5,000円前後からと気軽に飲めるのが大きな特徴です。
安く飲めるとあって比較的客層は若い方が多め。
その分トラブルが起きる可能性も高くなります。

高級志向キャバクラの募集傾向

高級キャバクラかどうかは時給をチェック。
体験入店でも時給5,000円以上のお店、また本入店後は時給7,000円以上のお店になると高級志向の強いお店です。
ほかにもVIPルームが完備されている、お店の規模が大きい(顧客、スタッフ合わせて100名以上入れる)などの基準で判断してください。

高級店は時給が高く短時間で高額なギャラが稼げますが、その分審査が厳しいのが特徴です。

地元密着型キャバクラの募集傾向

地元密着型キャバクラは比較的規模の小さなお店で、体験入店時の時給が2,000円前後、本入店後の時給が5,000円前後が目安です。
地元密着型キャバクラはVIPルームがない、セット料金が安い、客層が若いなどの傾向があります。

女の子の質はあまり問われないため、確実に入店したい方は庶民派キャバクラを狙うと入店率が高くなります。

京都のキャバクラ求人情報(2)

京都のキャバクラには、観光客や有名人、富裕層が主な客層の高級キャバクラと、比較的リーズナブルな費用で飲める庶民派キャバクラとで二極分化されています。
それら分類に加えて、有名店(老舗店)と新規オープンのお店という区分けもあります。
それぞれのお店にメリット・デメリットがあり、それら特徴をまとめていますので参考にしてくださいね。

有名店(老舗店)の特徴やメリット・デメリット

京都キャバクラの求人一覧をチェックしていると、必ず目に飛び込んでくるのが「有名店」「老舗店」という文字。
京都市内でも祇園や木屋町はキャバクラの一大激戦区で、常に新しいお店が生まれては消えています。

そんな激戦区で10年以上も営業を続けているキャバクラ(Club LAID(レイド) や、テレビ取材が入るほどの有名店(CLUB ZOO(ズー)京都店)は客層が良いのが大きな特徴。

有名店や老舗店にはすでの「お店のファン」がたくさんいます。
そんなお店自体のファンは、キャバ嬢が入れ替わっても変わらず同じお店に足を運んでしまうんですね。
その理由は「このお店なら絶対ぼったくりはされない」「泥酔客がいないので安心して飲める」「女の子の質が良い」などお店を信用しているから。

顧客から絶対の信頼を得ているお店は強いです。
また信頼を損ねないように「どんなお客様もどうぞ」ではなく、泥酔客や出入り禁止の顧客にはNO!と言います。
安心して楽しんでもらうためには「誰でもウェルカム」ではダメなのです。

有名店や老舗店で働くメリットは、運営が安定していて簡単には閉店しない、そして法令を遵守するなどきちんとした運営をしている面ですね。
だから入店した後に後悔する可能性は低めです。

デメリットはお店に有名人やVIPがやってくる可能性が高いので、女の子の質が問われる事。
他のお店よりも女の子に求める基準が高いため、100%希望通りに入店出来るかどうか分からない点は困りますね。

実際に面接を受けてみないと分からないので「このお店いいな」と思ったら、結果は考えずにまずは面接を受けてみましょう。

\京都キャバクラおすすめ求人情報/

 
 求人1
11年間続いているのは、確かな実績があるからこそ!未経験者さんも大歓迎♪【面接交通費支給中★】
店舗名 Club LAID(レイド)
体入時給 4500円以上 *全額日払い
エリア 木屋町
時間 20:00~1:00
休日 =年中無休= あなたの希望日がお休みです。

未経験者歓迎/経験者優遇/全額日払いOK/終電上がり/送り有/土曜も営業/日曜も営業/寮も完備/ヘアメイク完備/ドレスレンタル/3H以内勤務OK/Wワーク歓迎

 
求人2
お任せするお仕事はとってもシンプル♪♪経験なんて必要ナシ☆週1日、2h~自由に出勤してください*
店舗名 CLUB ZOO(ズー)京都店
体入時給 5000円以上 +その他特典(ボーナス)あり!全額日払い!
エリア 三条
時間 19:00~LAST
休日 日曜日

未経験者歓迎/経験者優遇/全額日払いOK/終電上がり/送り有/土曜も営業/ヘアメイク完備/ドレスレンタル/3H以内勤務OK/Wワーク歓迎

 

新規オープン店舗の特徴やメリット・デメリット

老舗店や有名店とは対極にあるのが新規オープン店です。
オープンしてまだ数か月程度のお店は、祇園や木屋町、河原町などの一大激戦区で、この先1年、3年、5年と生き残れるかは全く分かりません。

新規オープン店はまだお店の固定客をガッチリ掴めていないため、安定して経営出来るかどうかの保証がないのがデメリットです。
そのため売り上げが伸びないと突然予告なく閉店してしまうケースもあり、未払いのギャラが発生するトラブルが起きる可能性も。

全体的にデメリットの方が大きく感じられる新規オープン店ですが、真っ白い状態からキャバ嬢の募集が始まるので人間関係が楽なのは大きなメリットです。
また新規オープンのお店でも、京都や大阪・兵庫などに多数の姉妹店を展開しているチェーン店の場合は別。
ある程度の資本力があるため、突然お店が閉まってしまうというリスクも低いです。

新規オープン店に入店するのが心配な時は、系列のお店があるかないかだけでもチェックしておくと安心ですよ。